防犯 窓 窓ガラス 防犯フィルム 横浜市の一会建設:メイン画像

一期一会株式会社TOP
会社概要
会社案内
代表挨拶
工事の施工写真
農地転用許可について
紙・酒パック分別
お問い合わせ
地域情報
土 地
防犯・防災
リンク集
防災・防犯対策
窓や窓ガラスの防犯     住まいのセキュリティ
防災対策(地震対策)
省エネ対策
紫外線UVカット対策
施工事例
フィルムの施工写真
窓の防犯・施工の流れ
住まいのセキュリティ 防犯フィルムのQ&A
お客様の声
ガラスの知識
安心の防犯・防災フィルム
フィルムの種類
地域密着・迅速対応 横浜市の一会建設
  【ガラスの知識】 家はどのガラス?   ガラスの種類を確認してください!

【フロート板ガラス】

 最も一般的で開口部に使用される割合いが高いガラス。しかし、短時間で破られ、そ
 の防犯性能は低い。「熱線反射ガラス」や「装飾ガラス」、「型板ガラス」も破りやすさは
 同じ。

【網入板ガラス】

 火災による延焼防止を目的として金網を封入したもの。金網は簡単に切れるものであ
 り、防犯性能はフロート板ガラスとあまり変わらない。

【強化ガラス】

 フロート板ガラスを加熱・急冷して製造し、ガラスの強度を高めたもの。人体の衝突や
 バットなど角のないものの衝撃に高い強度を発揮するが、先の尖ったものでは簡単に
 破壊できる。

【複層ガラス】

 ガラスとガラスの間に中空層を設け、周辺をシールドしたもの。2枚のガラスを破るのに
 手間取ること、ガラス周辺がシールドされているため、ガラスの破片を取り除きにくい
 ことなどから、フロート板ガラス、網入板ガラス等に比べると防犯性能に優れている。

【合わせガラス】

 2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したもので、破片によるケガ
 の防止や衝突した場合の貫通防止が目的。「安全」や「防犯」のために使用される。
 中間膜を厚くしたり、ガラスを多層化したり、破りにくいポリカーボナイト板などを
 挟んだりするなど、さらに防犯性能が高いタイプがつくられている。また、複層ガラスの
 片側または両側に合わせガラスを使用することで、断熱性能と防犯性能を兼ね
 備えた合わせ複層ガラスもある。

【型板ガラス】

 目隠しを目的とした模様が入ったガラスで、室内側が波打っているものです。
 ライフガードは室内側に貼るため、ガラスの表裏を入れ替えて施工していましたが、
 波打っている面に直接貼ることが出来る型板ガラス専用のLGSと言うフィルムが
 出来ました。

トップに戻る

COPYRIGHT(C)2006 防犯 窓 防犯フィルム 横浜市 ALL RIGHTS RESERVED.